転職の求人.com 障がい者専門|アンプティパ

■【障がい者(障害者)就職・転職・採用コラム】

横河電機様 障害者採用・続報

横河電機さまへ訪問する際、ムーバスで正門前のすぐ近くまで行けるお話しを先週お伝えしました。
その面接に臨まれた候補者様は、この1週間で内定を頂くところまで進捗しました。

横河電機さまの障害者採用選考は、書類選考から始まります。合格の場合は人事部の面談があります。
特例子会社・横河ファウンドリーさまの立ち上げを行い、役員の肩書を持ちながら現場で障害者の採用と雇用維持を長く務めていた方が 春から本社・人事部のダイバーシティ推進の中心役となられて、最初の人事部・面談を担当されます。

「在宅勤務制度やテレワークなど積極利用する働き方改革」

「ダイバーシティ&インクルージョン - 障害者法定雇用率は達成しており、数字の為に採用する訳では無い」

この人事部の面談は面接ではなく、あえて「面談」という位置づけで実施されます。その理由は、候補者には会社見学・訪問ぐらいの感覚で緊張することなく普段どおりにお話しをして欲しいからです。
希望条件、障害の説明、必要な配慮事項などを遠慮することなくお話しして頂くことで、その会話のやり取りを通じ、その候補者の経験スキルを活かせる仕事、適性にマッチした部署などを人事部が考えるためです。

この人事部面談で配属先が見出された場合、次が1次面接です。面接官は配属予定部門の責任者で、人事部からも障害者採用担当者が同席します。この1次面接が合格の場合は 2次面接として人事部の責任者(人事担当役員もしくは人事部長)と面接して頂きます。合格の場合は、採用内定となりますが、内定の場合には人事部にてオファー面談=採用条件の詳細説明が実施されます。

今回の候補者様は、先々週に人事部面談を実施し、週の1週間で1次面接からオファー面談まで進みました。これは最初の人事部面談で、候補者のご希望・条件・適性に最適の仕事・部署を人事担当者が的確に把握し、早々に社内根回しをして、面接官となる各部門の責任者の時間を予め押さえて下さったことが最大の要因です。

なお、横河電機さまの障害者採用は、すべて最初は契約社員(社内ではパートナー社員と呼称されています)です。契約社員ですが、これだけ手間を掛けて慎重に選考を行い、入社された障害を持つ社員に対しては、配属先の先輩・上司はもちろん、人事部のダイバーシティ推進担当も しっかりフォローをしてくださるので、長く働く人が多いです。そして、正社員登用制度が無いにも関わらず、配属先の責任者の推薦で正社員に登用される方も多い会社です。

三鷹本社では、様々な部門で多様な人財が活躍されており、例えば、英語スキルを活かしたい人には海外事業部門、数字・エクセルが得意な方は経理・会計部門、あるいは高いスキルや専門性は無いけど、コツコツ定型業務を行いたい方には総務・庶務部門などがお勧めです。

ちょっと遠方になりますが長野・駒ケ根で、主力事業である計測センサー類のコア半導体を自社開発しているので、半導体設計や開発などを、水と空気と夜空の星が綺麗な駒ケ根でノビノビやりたい人も、ひとまず三鷹本社の人事部・面談からですが、アンプティパを通じて応募可能です。


【 詳細問い合わせ 】

アンプティパでは多数、障がい者(障害者)のための求人をご用意しています。
無料登録いただきましたら、就職・転職に関するご相談をじっくり伺います。
面接準備、就職まで丁寧に支援させていただきます。

アンプティパサイト → こちらをクリック♪
無 料 登 録 サイト → こちらをクリック♪

お悩みやご相談などお気軽にお問い合わせください。

「 障がい者の働き方を全力でサポートします! 」


#障害者手帳 #障害者雇用 #障害者転職枠 #身体障害者 #精神障害者 #障害者採用 #障害者求人正社員 #障害者求人在宅 #障害者求人ハローワーク #障害者求人東京


■ MENU