転職の求人.com 障がい者専門|アンプティパ

■【障がい者(障害者)のための就職・転職コラム】

経費精算に関する相談ごと

弊社の推薦で、上場企業の本社管理部門に採用された精神の手帳をお持ちの第二新卒の女性から近況連絡がありました。

短時間勤務でスタートし、順調に半年が経過したところで、少し業務を増やして頂くことになり、新たに経費精算業務のアシストが4月から始まったそうです。

そのお仕事では 提出された経費伝票に不明な点があれば、担当の社員さんに「ここが、ちょっと分からないです」と報告をすれば、経費担当の社員さんが伝票提出者へ確認の連絡をする流れになっているそうです。 彼女が直接確認をすることは無いとのことですが、確認の連絡を受けた伝票提出者が 経費担当社員さんへ理不尽な対応をされることがあり、見ていて心痛いとのお話でした。

彼女自身が被害を受けている訳ではなく、逆に勤務時間や業務量など十分に配慮をして頂いて順調に就業できている中で「会社の中には良い人ばかりでなく、様々な人がいるんですね」という冷静な連絡でした。 問題として対応する必要はまだ無いのですが、彼女からの連絡の最後は「経費担当社員さんに代わって、私がヘルプマークを見えるところに付けて、直接その方へ問い合わせをしたら、少しは態度を和らげて頂けないものか…と考えてしまいます」とありました。

新卒時に就職しなかった彼女が 初めて社会人デビューした大企業は、一般的には「良い会社」と多くの方々が言う会社です。そんな会社でも「様々な方々がいることを学んでいる」といえばそれまでの話です。

そして、発生している現象は辛いことですが、それを見た彼女の考えに対して「経費精算でゴネる人がいるのはどこの会社でもありがちだし、そんな人にヘルプマークを見せても…」と最初は考えました。

しかし、ヘルプマークを見て態度が変われば、と考える彼女の優しい気持ちに対して「そんなこと、ムリムリ」で終わらせずに、どうすれば彼女の上司や人事部に共有できるか?と考えることがアンプティパ・大畑として大切なことだと気づいた次第です。 GWが明けたら、人事部と話す時間を作ります!


【 詳細問い合わせ 】

アンプティパでは多数、障がい者(障害者)のための求人をご用意しています。
無料登録いただきましたら、就職・転職に関するご相談をじっくり伺います。
面接準備、就職まで丁寧に支援させていただきます。

アンプティパサイト → こちらをクリック♪
無 料 登 録 サイト → こちらをクリック♪

お悩みやご相談などお気軽にお問い合わせください。

「 障がい者の働き方を全力でサポートします! 」


#障害者手帳 #障害者雇用 #障害者転職枠 #身体障害者 #精神障害者 #障害者採用 #障害者求人正社員 #障害者求人在宅 #障害者求人ハローワーク #障害者求人東京


■ MENU